« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/24

BunBackup ヤマセミ版公開

BunBackup ヤマセミ版というソフトを公開しました。

バックアップ機能は従来のBunBackupそのままに、コピー中のアニメーションやプログラムアイコン、タスクトレイアイコンなどが、かわいいヤマセミ(鳥)になります。

「ヤマセミ版」は、「やぎさん工房」さんとのコラボレーションで生まれました。アイコンやアニメーションは「やぎさん工房」さんに作成していただいたものです。
ファイルコピー中のアニメーションは必見です。ヤマセミがヤマメを見つけて、水にダイブし、捕まえて食べるというシーンがアニメーションで表示されます。こういうアニメーションなどは、私一人では絶対できないので、「やぎさん工房」と出会わなければ生まれなかったソフトです。

文で説明してもわかりづらいと思いますので、とりあえずはダウンロードしていただき、まずはご覧ください。

BunBackup ヤマセミ版

「ヤマセミ版」は、単に「BunBackupIcon.dll」を「BunBackup.exe」と同じフォルダに置くだけで切り替わります。試してみて元に戻したくなったら、「BunBackupIcon.dll」を削除していただくだけなので、ぜひ一度おためしください。

感想などもお待ちしております。

| | トラックバック (0)

2005/08/22

BunBackup Ver.2.51公開

BunBackup Ver.2.51を公開いたしました。

テスト版の動作テストにご協力いただいたユーザーの皆さんありがとうございました。

今回のバージョンアップの主な変更点は以下の通りです。

  • アイコンやアニメーションの置き換え機能を追加(ヤマセミ版の対応)
  • BunBackupへフォルダやファイルをドラグ&ドロップしたときに、バックアップ先フォルダの指定できる機能を追加
  • パス名置換機能を追加
  • 選択されたバックアップ設定の一括削除機能を追加
  • バックアップ後ログオフ機能を追加
  • 暗号化機能を使用したときにバックアップ先に隠しファイルがあった場合、ファイルをコピーできなかったのを修正        
  • 暗号化機能を使用したときに条件によってバックアップ先ファイルの日時がバックアップ時刻になる不具合を修正

今回のバージョンアップでは、BunBackup ヤマセミ版に対応するための機能を追加しています。ヤマセミ版については下記のURLを参照してください。(とっても楽しいソフトですよ!)

▼BunBackup ヤマセミ版
http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/collabo/yamasemi/top.htm

新しいBunBackupをご使用になってのご意見・ご要望、不具合のご報告お待ちしております。
今後ともBunBackupをよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2005/08/18

暗号化したファイルは圧縮しても小さくならない

圧縮と暗号化を同時に行う場合、どちらを先に処理するかを気をつけなければなりません。というのは、基本的に暗号化されたファイルは圧縮してもあまり小さくならないからです。

圧縮にはたくさんの方法がありますが、基本的に同じデータの並びを符号化してデータのサイズを小さくします。たとえば「AAAAABBBBCC」というデータの並びを「A5B4C2」という符号に変換して、データを小さくします。

暗号化にもたくさんの方法がありますが、基本的にデータをブロックに分けて、ある式でデータを拡散し暗号化します。正しく暗号化されたデータはランダムに拡散しますので、データの中に同じ並びが少なくなります。

このようなことから、暗号化されたデータは通常のデータよりも同じ並びが少なくなるので、圧縮してもあまり小さくなりません。暗号アルゴリズムにもよるのかもしれませんが、正しく暗号化されているかを確認するために、圧縮してみて小さくなるようであれば、その暗号はあまり安全とは言えないという人もいるくらいです。

BunBackupでは、圧縮と暗号化を同時に使用する場合、先に圧縮してから暗号化の処理をしています。このようにすると暗号化ファイルを小さくすることができます。

| | トラックバック (0)

2005/08/04

Windows起動時にバックアップ

前回は「Windows終了時にバックアップ」について書きましたが、今回は「Windows起動時にバックアップ」の方法について書いてみたいと思います。

いくつか方法がありますが、一番簡単な方法は、WindowsのスタートアップにBunBackupを登録し、バックアップを開始して自動的にBunBackupを閉じることができる「AUTO」コマンドラインオプションを利用する方法です。

まず、スタートアップにBunBackupのショートカットを作成してください。「BunBackupユーティリティー」を使用すると、ショートカットを簡単に作成することができます。
次にそのショートカットのプロパティを開き、「リンク先」に「AUTO」コマンドラインオプションを記入してください。
たとえば、BunBackupが「C:\Program Files\BunBackup」にあり、バックアップに使用する設定ファイルが「C:\My Documents\BunBackup\Backup.lbk」を使用する場合は、下記のように設定します

C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.exe /AUTO:"C:\My Documents\Backup.lbk"

詳しくはBunBackupヘルプの「コマンドラインオプション」-「AUTO」を参照してください。

Windows起動時にはたくさんのソフトが同時に起動するので、スタートアップにバックアップすると起動が遅くなるかもしれません。そのような場合は、Windowsのタスク機能を利用して、自動バックアップすると便利です。
たとえば、パソコンを起動するのが毎朝8:30だとすると、タスクからBunBackupを8:35に起動して自動バックアップします。タスクの登録方法は、下記のURLを参照してください。

▼FAQ - Windowsのタスクから自動バックアップするにはどうすればいいですか?
http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/faq/faq.htm#23

| | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »