« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

BunLogMailテスト版公開

BunLogMailのテスト版を公開いたしました。

BunLogMailは、BunBackupのバックアップ結果をメールで送信するためのソフトです。BunLogMailは、BunBackupのログファイルを監視して、ログファイルが変更されたときに、ログファイルを解析して、バックアップ結果をメールで送信します。

メールの送信は、
・毎回送信
・エラーファイルがあったときだけ送信
のどちらかを選択することができます。

また、メールの内容も、
・コピーファイル数
・エラーファイル数
・コピーファイル名
・エラーファイル名
・エラーに原因
から任意に選択することができます。

メールの送信先は複数設定することができます。一つはパソコン用なのでメール内容は詳しく、もう一つは携帯用なので最低限の情報で、ということも可能です。

BunLogMailは、基本的に24時間無人で自動バックアップしているサーバー管理者などが使用することを想定しています。設定項目もメーラー並みになりますので、基本的にはパソコン初心者向きではありません。

このソフトは実験的に作成したソフトです。
バックアップ結果をメールで送信する機能は、以前からご要望いただいておりましたが、設定項目が多くなること、メールサーバーやインターネットの接続が不安定なときの問題があること、などから実装を見送っていました。今回BunLogMailという別ソフトにすることで、これらの問題をBunBackupと独立させることができましたので、テスト版を公開することにいたしました。

機能的にあまり一般的なものではなく、使用するユーザーは限られるのではないかと思います。そのため、あまりユーザーからの反応がない場合は、公開を中止する予定です。あらかじめご了承ください。

BunLogMailを試用しての、ご意見・ご要望、ご感想、不具合のご報告などをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2005/06/24

ファイル選択リスト全バックアップ

Ver.2.5から「ファイル選択リスト全バックアップ」という機能を追加しました。
「ファイル選択リスト」を表示した状態で、Shift+F10キーを押すと実行します

これは、「ファイル選択リスト」に表示されているすべての設定ファイルを一度にバックアップできる機能です。
「ファイル選択リスト」は「カテゴリ」機能によって、グループごとに表示を切り替えることができますので、カテゴリごとの一括バックアップも可能です。

「ファイル選択リスト全バックアップ」時は、サイレントバックアップになります。バックアップ中の経過表示はされませんし、バックアップ結果も表示されませんので、バックグラウンドでのバックアップに適しています。

「ファイル選択リスト全バックアップ」は、「ファイル選択リスト」に表示されている順番にバックアップされます。
たとえば、1.lbk、2.lbkという設定ファイルが「ファイル選択リスト」に登録されていて、

1.lbkは、Aフォルダ -> Bフォルダ
2.lbkは、Bフォルダ -> Cフォルダ

と設定します。
これで全バックアップを行うと、AフォルダのファイルをBフォルダにコピーしてから、BフォルダのファイルをCフォルダにコピーするという手順になります。

「ファイル選択リスト全バックアップ」は、コマンドラインから実行することはできません。コマンドラインから複数の設定ファイルを一度にバックアップしたい場合は、Windowsのバッチファイルを使用してください。詳しくは「複数の設定ファイルで一度にバックアップ」を参照してください。

| | トラックバック (0)

2005/06/16

選択バックアップのチェックボックスの状態を保存する

BunBackupの「選択バックアップ」は、バックアップを切り替えるための機能なので、あえてチェックボックスの状態は保存しないようにしています。

チェックボックスの状態を保存したい場合というのは、バックアップ時に特定のパターンがあると思います。このような場合は、選択バックアップ機能を使用するのではなく、「ファイル選択リスト」機能を使用すると便利です。

「ファイル選択リスト」は、設定ファイルをリストに登録しておいて、ワンクリックで設定ファイルを切り替えられる機能です。
バックアップするパターンごとに設定ファイルを作成して「ファイル選択リスト」に登録しておくと、ワンクリックで切り替えて、バックアップすることができます。
「ファイル選択リスト」はカテゴリごとに分けることもできます。

Ver.2.5からは、「ファイル選択リスト」で表示しているリストを一度にバックアップすることも可能です。通常は特定のパターンでバックアップしていて、すべてのパターンをバックアップしたい場合は、この機能を使用すると便利です。

| | トラックバック (0)

2005/06/09

ネットワークログイン

Ver.2.5から「ネットワークログイン」機能を追加しました。

バックアップ先がネットワーク上のコンピュータで、ログインが必要な場合はこの機能を使用してください。バックアップ時に自動的にログインしてバックアップを行うことができます。

BunBackupの設定ファイルにパスワードを保存する場合は、安全のためパスワードが見えないように暗号化(Blowfish)して保存しています。

あらかじめサーバーにユーザー登録しておいてアクセス管理する場合もありますので、必ずしもログインが必要というわけではありません。バックアップ先の環境によって、ログインが必要かどうか調べて、この機能を利用してください。

| | トラックバック (0)

2005/06/06

ボリュームラベルチェック

Ver.2.5から「ボリュームラベルチェック」機能を追加しました。

「ボリュームラベルチェック」は、リムーバブルディスクなど、バックアップ先を入れ替るメディアにバックアップするときに、誤ったメディアにバックアップするのを防止するための機能です。
バックアップ開始時に、バックアップ先のメディアのボリュームラベルをチェックして、あらかじめ設定されているボリュームラベルと異なる場合は、警告を出してバックアップを中断することができます。

私はCD-RWにパケットライトでバックアップしていますが、ファイルが一枚のCDには入りきらないため、二つのCDに分けてバックアップしています。このとき、CDにボリュームラベルを設定しておいて、違うCDにバックアップするのを防止しています。

「ボリュームラベルチェック」機能を使用する場合は、まず「設定」メニューの「機能表示設定」で「ボリュームラベルチェック」をチェックします。
次に「バックアップ設定」-「詳細」ボタン-「ボリュームラベル」タブにある「バックアップ先ドライブのボリュームラベルをチェックする」をチェックし、ドライブのボリュームラベルを設定します。

| | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »