« コピーエラー時バックアップ先ファイルを保護 | トップページ | 初回のバックアップ時間を短縮 »

2005/01/12

ミラーリング時削除したファイルをごみ箱へ

ミラーリング時に削除したファイルを復元したい場合があるかもしれません。

Windowsでは、削除されたファイルがごみ箱にあれば、簡単に復元することができます。
ただしBunBackupでは、ファイルの削除時にごみ箱を使用していません。
その理由の一つは、リムーバブルなドライブにはごみ箱が使えないこと。もう一つは、ごみ箱を使用すると削除に時間がかかるということがあります。

では、BunBackupで削除したファイルを復元したい場合は、どうしたらいいのでしょうか?

BunBackupには「世代管理」という機能があります。本来この機能は、ファイルの更新履歴を保存しておく機能です。この機能を利用すると、ごみ箱と同様に、削除したファイルを復元することができます。

世代管理機能を使用すると、ミラーリングで削除されたファイルは、実際には削除されず、世代管理フォルダに移動します。そのため、削除したファイルを復元したい場合は、世代管理フォルダからコピーすることで実現できます。
世代管理には、「保存期間」という機能があります。この機能は、古くなった世代を自動で削除することができます。この機能を利用すると、世代管理フォルダの容量が肥大化するのを防ぐことができます。

|

« コピーエラー時バックアップ先ファイルを保護 | トップページ | 初回のバックアップ時間を短縮 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラーリング時削除したファイルをごみ箱へ:

« コピーエラー時バックアップ先ファイルを保護 | トップページ | 初回のバックアップ時間を短縮 »