« ファイルを消失するとき2 | トップページ | ショートカットごとに環境設定を変更 »

2004/09/16

ファイルバックアップとシステムバックアップ

バックアップにはいくつかの方法がありますが、ここではファイルバックアップとシステムバックアップの二つに分けて考えてみます。
ちなみに、BunBackupは、ファイルバックアップソフトです。

■ファイルバックアップ

ファイルバックアップは、Windows上でファイル単位でバックアップ行います。

○利点
・簡単
Windows上で動作するため、操作が簡単です。

・高速
Windows上で動作するため、システムバックアップよりも短時間でバックアップすることができます。

・バックグラウンドでのバックアップ
ほかのアプリケーションを動作させながら、バックグラウンドでバックアップすることができます。

○欠点
・HDD丸ごとのバックアップはできない
基本的に、HDD丸ごとのバックアップや、リカバリーディスクの作成はできません。

・ロックされているファイルはバックアップできない
ファイルバックアップでは、Windows上でバックアップを行うため、Windowsやほかのアプリケーションでロックされているファイルをコピーすることができません。

■システムバックアップ

システムバックアップはいくつかの方法がありますが、一般的にはドライブ単位でバックアップを行います。

○利点
システムバックアップは、HDDにあるすべてのファイルをバックアップできます。そのため、HDDの丸ごとバックアップや、リカバリーディスクの作成に向いています。

○欠点
最近は差分バックアップやバックグラウンドでバックアップできるソフトもあるようですが、通常は一度Windowsを終了させMS-DOS上などでバックアップすします。そのため、バックアップには時間がかかり、ファイルバックアップのように気軽にはバックアップできません。
また、ドライブを丸ごとバックアップするため、バックアップ先には大きな容量が必要です。

■目的にあったバックアップ

このように、バックアップの方法によって利点・欠点がありますので、目的に応じてバックアップするソフトを選択した方がよいと思います。
できれば、普段は気軽にできるファイルバックアップを行い、定期的にシステムバックアップすることをおすすめします。

|

« ファイルを消失するとき2 | トップページ | ショートカットごとに環境設定を変更 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイルバックアップとシステムバックアップ:

« ファイルを消失するとき2 | トップページ | ショートカットごとに環境設定を変更 »