« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/25

ショートカットごとに環境設定を変更

Ver.2.3から、コマンドラインオプションで「環境設定」の内容を切り替えることができる機能が追加されています。この機能を使用すると、ショートカットごとに「環境設定」を切り替えるということなどが可能になります。

「環境設定」には、「自動バックアップ」「ログ」「タスクトレイ」「優先度」「音を鳴らす」「ファイル履歴数」「フォント」「レジストリ」などの設定があります。たとえば、バックグラウンドで実行するバックアップは「優先度を下げる」をチェックし、速度を重視する場合はチェックをはずす、また、バックアップ設定ごとに「ログファイル名」を切り替えてログを分けるというようなことが可能です。

複数の「環境設定」を作成する場合、BunBackupで「環境設定」を設定してから、「BunBackupユーティリティー」の「環境設定」の「バックアップ」を使用すると、簡単に行うことができます。

| | トラックバック (0)

2004/09/16

ファイルバックアップとシステムバックアップ

バックアップにはいくつかの方法がありますが、ここではファイルバックアップとシステムバックアップの二つに分けて考えてみます。
ちなみに、BunBackupは、ファイルバックアップソフトです。

■ファイルバックアップ

ファイルバックアップは、Windows上でファイル単位でバックアップ行います。

○利点
・簡単
Windows上で動作するため、操作が簡単です。

・高速
Windows上で動作するため、システムバックアップよりも短時間でバックアップすることができます。

・バックグラウンドでのバックアップ
ほかのアプリケーションを動作させながら、バックグラウンドでバックアップすることができます。

○欠点
・HDD丸ごとのバックアップはできない
基本的に、HDD丸ごとのバックアップや、リカバリーディスクの作成はできません。

・ロックされているファイルはバックアップできない
ファイルバックアップでは、Windows上でバックアップを行うため、Windowsやほかのアプリケーションでロックされているファイルをコピーすることができません。

■システムバックアップ

システムバックアップはいくつかの方法がありますが、一般的にはドライブ単位でバックアップを行います。

○利点
システムバックアップは、HDDにあるすべてのファイルをバックアップできます。そのため、HDDの丸ごとバックアップや、リカバリーディスクの作成に向いています。

○欠点
最近は差分バックアップやバックグラウンドでバックアップできるソフトもあるようですが、通常は一度Windowsを終了させMS-DOS上などでバックアップすします。そのため、バックアップには時間がかかり、ファイルバックアップのように気軽にはバックアップできません。
また、ドライブを丸ごとバックアップするため、バックアップ先には大きな容量が必要です。

■目的にあったバックアップ

このように、バックアップの方法によって利点・欠点がありますので、目的に応じてバックアップするソフトを選択した方がよいと思います。
できれば、普段は気軽にできるファイルバックアップを行い、定期的にシステムバックアップすることをおすすめします。

| | トラックバック (0)

2004/09/09

ファイルを消失するとき2

前回(2004/04/26)はファイルを消失する原因として以下のものを上げました。
・パソコンの故障
・パソコンのフリーズ
・ファイルの操作ミスなどによる誤消去
・ウイルスなどに感染
・リムーバブルメディアの破損
・リムーバブルメディアの消失

今回は新たにいくつかの原因を考えてみます

●ノートパソコンの紛失

最近は、出先でのメールチェックやプレゼン、仕事を自宅でやるためなどにノートパソコンを持ち歩いている方も多いと思います。ノートパソコンは携帯に便利ですが、紛失する可能性もあります。この場合、ノートパソコンをなくすことは損害ですが、ファイルをなくすことも大きな損害です。そのため、ノートパソコンで作成したファイルは、まめにバックアップすることをおすすめします。

●盗難

以前は車上荒らしなどでノートパソコンが盗難にあうケースが多かったのですが、最近はオフィスにあるデスクトップの盗難も増えているようです。そのため、盗難があったときはすぐにファイルを復旧できるように、バックアップしておく必要があります。ただし、バックアップ先が近くにあるパソコンやNASだった場合、そのパソコンなども一緒に盗難にあう可能性がありますので、バックアップ先には注意が必要です。

●天災

地震や雷、水害などの天災によって、ファイルを消失する場合があります。このような場合、その地域全体が被害にあいますので、バックアップしたファイルがパソコンの近くにあると一緒に被害にあう可能性があります。天災からファイルを守るためには離れた場所にバックアップしたファイルを保管する必要があります。
このような場合、以下のような対策が必要です

・リムーバブルメディアに保存してから安全な場所に保管する
・VPNなどを使用して離れた場所にあるパソコンにバックアップする
・ネットワークストレージを利用する

| | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »