« テスト版 | トップページ | ファイルバックアップとシステムバックアップ »

2004/09/09

ファイルを消失するとき2

前回(2004/04/26)はファイルを消失する原因として以下のものを上げました。
・パソコンの故障
・パソコンのフリーズ
・ファイルの操作ミスなどによる誤消去
・ウイルスなどに感染
・リムーバブルメディアの破損
・リムーバブルメディアの消失

今回は新たにいくつかの原因を考えてみます

●ノートパソコンの紛失

最近は、出先でのメールチェックやプレゼン、仕事を自宅でやるためなどにノートパソコンを持ち歩いている方も多いと思います。ノートパソコンは携帯に便利ですが、紛失する可能性もあります。この場合、ノートパソコンをなくすことは損害ですが、ファイルをなくすことも大きな損害です。そのため、ノートパソコンで作成したファイルは、まめにバックアップすることをおすすめします。

●盗難

以前は車上荒らしなどでノートパソコンが盗難にあうケースが多かったのですが、最近はオフィスにあるデスクトップの盗難も増えているようです。そのため、盗難があったときはすぐにファイルを復旧できるように、バックアップしておく必要があります。ただし、バックアップ先が近くにあるパソコンやNASだった場合、そのパソコンなども一緒に盗難にあう可能性がありますので、バックアップ先には注意が必要です。

●天災

地震や雷、水害などの天災によって、ファイルを消失する場合があります。このような場合、その地域全体が被害にあいますので、バックアップしたファイルがパソコンの近くにあると一緒に被害にあう可能性があります。天災からファイルを守るためには離れた場所にバックアップしたファイルを保管する必要があります。
このような場合、以下のような対策が必要です

・リムーバブルメディアに保存してから安全な場所に保管する
・VPNなどを使用して離れた場所にあるパソコンにバックアップする
・ネットワークストレージを利用する

|

« テスト版 | トップページ | ファイルバックアップとシステムバックアップ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイルを消失するとき2:

« テスト版 | トップページ | ファイルバックアップとシステムバックアップ »