« 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 | トップページ | 暗号の安全性をより高くする »

2004/07/13

BunBackup Ver.2.3公開

暗号化などに対応したVer.2.3を公開しました。

テスト版の動作テストに参加していただいた皆さんありがとうございました。今回は暗号化などの大きな機能を追加したことと、バックアップ中のメモリ使用量を少なくするため、内部的に大きな変更を行いましたので、テスト期間を長くとりました。その間さまざまな方から動作報告をいただき大変助かりました。本当にありがとうございました。

今回のバージョンアップの主な変更点は以下の通りです。

●バックアップファイルの暗号化
●レジストリを使用しない設定を用意
●空フォルダのバックアップ
●バックアップ中のメモリ使用量を少なくした

暗号化に対応しましたので、リムーバブルメディアにバックアップする場合や、ネットワーク上のコンピュータにバックアップする場合などには、情報漏洩などのリスクに対する安全性が高まると思います。
また、バックアップ中のメモリ使用量を少なくしましたので、パソコンに搭載しているメモリに対して対象のファイル数が多く、メモリがスワップしていた場合には、バックアップ時間が大幅に短縮されると思います。メモリ使用量につきましては、ファイル環境によって異なりますが、わたしの環境で調べた限りでは、3~4割程度メモリ使用量が減っています。

このBunBackupをご使用になってのご意見・ご要望、不具合のご報告お待ちしております。
今後ともBunBackupをよろしくお願いいたします。

|

« 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 | トップページ | 暗号の安全性をより高くする »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackup Ver.2.3公開:

« 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 | トップページ | 暗号の安全性をより高くする »