« 暗号キー | トップページ | 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 »

2004/06/21

暗号アルゴリズム

暗号アルゴリズムにはたくさんの方法があります。

●DES
古くは、1960年代に開発されたDESというアルゴリズムがあります。このアルゴリズムは、アメリカ政府標準技術局によって連邦情報処理基準に採用されたため、広く使用されていました。
しかし、鍵長が56bitと短いため、近年の速いコンピュータでは解析が可能になってきているようです。そのため、近年ではDESをそのまま使用するのではなく、DESを三重に使用したTriple DESを使用しています。

●AES
DESが古くなってしまったため、米国政府の次世代標準暗号化方式として、新しいアルゴリズムを公募しました。その際世界中から集まった15のアルゴリズムから、ベルギーの開発者が考案したRIJNDAELというアルゴリズムが採用されました。
AESは米国政府の標準暗号化方式となるため、今後は広く普及すると考えられています。

●AESの候補になったアルゴリズム
AESの候補になったアルゴリズムとしては下記のものがあります。
・CAST-256
・CRYPTON
・DEAL
・DFC
・E2
・FROG
・HPC
・LOKI97
・MAGENTA.
・MARS.
・RC6
・RIJNDAEL
・SAFER+
・SERPENT
・TWOFISH
これらのアルゴリズムは、安全性が低いという理由でAESに採用されなかったのではなく、RIJNDAELの方がより高速で移植しやすいなどの理由からのようです。
AESの候補になったアルゴリズムは、世界中の専門家がさまざまなテストを繰り返し安全性が確かめられているので、これらのアルゴリズムも用途に応じて普及していくのではないかと思います。

●その他のアルゴリズム
そのほかに、市販のソフトやオンラインソフトによく採用されているアルゴリズムとしては
・CAST-128
・BLOWFISH
などがあります
これらのアルゴリズムは、AES候補になったアルゴリズムと比較すると若干古いアルゴリズムではありますが、まだ安全性が高いと考えられ、最新のアルゴリズムよりも軽く速いため、いろいろなところで採用されています。

BunBackupは、安全性と速度のバランスを考えて、BLOWFISHを採用しています。

|

« 暗号キー | トップページ | 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗号アルゴリズム:

« 暗号キー | トップページ | 暗号アルゴリズムにBlowfishを選んだ理由 »